So-net無料ブログ作成
検索選択

冬になると一日中真っ暗な町Inuvikに現れた人口太陽(動画あり)

写真拡大   これ、太陽じゃないんです。もちろん月でもありません。カナダの北極にあるInuvikという町に現れた100,000ルーメンの人口太陽なんですよ。Inuvikの冬は太陽が昇らない日もあって暗い日が多いけど、この日はつかの間だけど人口太陽で、いつもより長い日を過ごすことができたんです。素敵ですねー。これは、Tropicanaがスポンサーになって実施されたプロジェクトで、一連の活動がドキュメンタリー風に編集され、TropicanaのCMになっています。こんな風な。なぁんだCMかー。だから途中でオレンジジュース飲んだりしてるのね。と、素敵なプロジェクト感が減少してしまうかもしれませんけど...。大切なのは、大きなヘリウム気球のライトを取り付けるというシンプルテクノロジーで、暗闇から抜け出せずにいる3500人の人達が光を得たってこと。老若男女、皆ハッピーな笑顔が素敵ですね。[Cream Global]−Brian Barrett(原文/junjun ) あわせて読みたい走査型電子顕微鏡であなたなら何を見る?MITのMedia Labが新しくなりました!チリ大地震でもビクともしない最新鋭天文台の雄姿

Yahoo!リサーチ、『週刊東洋経済』と共同で「中学受験対策に関する調査」を実施

写真拡大中学受験者速報レポート:難関校や私大付属校志望者の過半数が小学3年生〜4年生前半から通塾開始し、中学受験対策費は総額で200万円以上。http://www.yahoo-vi.co.jp/research/100316.html調査期間: 2010年2月10日〜14日 /インターネットウェブ定量調査、2010年に中学受験を経験したばかりの子どもの母親477人を対象に実施---------------------------------------------------------------------<調査結果トピックス>・難関校や私大付属校志望者の親は、将来の進路選択の広がりや保証の希望を 受験に託す・難関校や私大付属校志望者の7割程度が塾1本で中学受験を乗り切る!・中学受験のための通塾開始は3年生。【公立中高一貫校】志望者では4年生後 半からのんびりと開始・【私大付属校】志望者は、塾の合格実績から講義スペック、講師の指導力か ら人間性までしっかりチェック・【難関校】【私大付属校】志望者は、中学受験対策に半数以上が200万円以 上を費やす--------------------------------------------------------------------- Yahoo!リサーチを運営するヤフーバリューインサイト株式会社(本社/東京都中野区、代表取締役社長/田部 信)では、「中学受験対策に関する調査」を自社調査専用パネルを対象に実施しました。 Yahoo!リサーチでは、株式会社東洋経済新報社(本社/東京都中央区、代表取締役社長/柴生田 晴四)発行の『週刊東洋経済』と共同で調査を行い、今年中学受験を経験したばかりの子どもの母親に、中学受験の理由や受験対策の内容や時期、塾選びの重視項目、受験対策費用等について調べました。『週刊東洋経済』3月6日号の「特集・本当に強い!塾・予備校」によると、今年も首都圏では小学校卒業生約30万人の5人に1人である、6万人以上の子どもが中学受験を経験したとのことです。相次ぐ公立中高一貫校の新設も後押しし、「中学受験ブーム」がここ数年続いています。以下では、『週刊東洋経済』に掲載のデータとは異なる【志望校カテゴリ別】という切り口による調査結果をご紹介します。◇◆◇ 調査結果概要 ◇◆◇〔1〕難関校や私大付属校受験者の親は、将来の進路選択の広がりや保証の希望 を受験に託す+-----+------+------+------+------+------+------+------+------+------+ 今年中学受験を経験したばかりの子どもの親に、中学受験をした理由をお聞きし、東京・神奈川男女御三家、関西御三家などを中心とした【最難関校&難関校】、早慶付属校やMARCH(明青立法中)付属校などの私大付属校【早慶付属校&私大付属校】、筑波や学芸大学などの国立付属校やその他の学校【国立&その他】、そして、【公立中高一貫校】と、第一志望校を4つのカテゴリに分けて、受験対策の傾向を見てみました(各志望校カテゴリの分類定義は、『週刊東洋経済』によるもの)。 【最難関校&難関校】が第一志望の子どもの親は、「将来の進路選択の幅が広がる」が78%とほぼ8割に達し、他カテゴリ校を志望する親よりも抜きん出ています。また、【早慶付属校&私大付属校】では、「将来の進路がより保証される」が他校志望者よりも15ポイント前後高く、進路の広がりに加え、進路の保証にも期待を寄せている様子が見られます。一方、【公立中高一貫校】では、「受験そのものがよい経験になると思うから」が57%と他カテゴリ校志望よりも20ポイント以上高く、中学受験そのものが貴重な経験になるという考えが背後にあるようです。〔2〕難関校や私大付属校志望者の7割程度が塾1本で中学受験を乗り切る!---------------------------------------------------------------------- 中学受験の対策としては、志望校に関わらず「塾のみ」が最も多く、特に【最難関校&難関校】【早慶付属校&私大付属校】【国立&その他】志望者では、7割程度またはそれ以上と塾に大きく頼っている様子が見られます。一方、適性検査や作文、面接などによって生徒を選出する【公立中高一貫校】志望者では、「塾のみ」が43%と最も多いものの、「通信教育・講座のみ」が25%と4分の1を占めています。また、「何も行っていない」も13%を占めるなど、他カテゴリ校を第一志望とする子どもとは対策の傾向が大きく異なっています。〔3〕中学受験のための通塾開始は3年生。【公立中高一貫校】志望者では4年 生後半からのんびりと開始---------------------------------------------------------------------- 次に、中学受験対策として最も利用者が多い『塾』について、第一志望校カテゴリ別に通塾の開始時期を確認しました。まず、【公立中高一貫校】以外では、通塾開始の最初のピークが小学3年生ごろに発生し、特に【最難関校&難関校】では、3年生の10〜3月に約4割弱が、【早慶付属校&私大付属校】では4〜9月に2割、10〜3月に更に2割が塾に通い始めるようです。【公立中高一貫校】第一志望者は、他カテゴリ校志望者と比べるとのんびりとしており、4年生後半の1〜3月から6年生の4〜9月まで五月雨式に少しずつ塾に通い始める子どもが増えていく、という結果になりました。〔4〕【私大付属校】志望者は、塾の合格実績から講義スペック、講師の指導力 から人間性までしっかりチェック---------------------------------------------------------------------- その受験者が最も頼りにしている『塾』を選択する際の重視項目について、第一志望校カテゴリ別に違いを見てみました。 まず、第一志望校が【最難関校&難関校】や【早慶付属校&私大付属校】では、他よりも「合格実績」を重視しています。また、「コマ数や頻度の適切さ」「テストが優れていること」などのスコアが他カテゴリ校志望者よりも高く、特に「テストが優れている」では、他を20ポイント以上引き離した結果になっています。また、【早慶付属校&私大付属校】第一志望者は、「受験に対する情報の豊富さ」「授業以外のフォローアップがしっかりしていること」「講師の指導能力の高さ」「講師の人間性が優れていること」なども、他カテゴリ校志望者を大きく上回っており、全体的に『塾』に対して求める要素が多く、また、その求める度合いも高いようです。 一方、【公立中高一貫校】志望者は、「少人数であること」「学費が手頃であること」などが他を抜きん出て高くなっており、塾選択において、【最難関校&難関校】や【早慶付属校&私大付属校】【国立&その他】とは若干異なる要素を求めている様子が伝わります。〔5〕【難関校】【私大付属校】志望者は、中学受験対策に半数以上が200万円 以上を費やす---------------------------------------------------------------------- 最後に、気になる費用について、中学受験対策に費やしたすべての費用をお伺いしました。 通塾率が高く且つ通塾開始時期が早い【最難関校&難関校】、【早慶付属校&私大付属校】、【国立&その他】の順に受験対策額が大きく、【公立中高一貫校】第一志望者が最も少ない結果となりました。【公立中高一貫校】志望者は、前述【2】【3】のとおり、受験対策は「通信教育・講座のみ」という人も25%と4分の1を占め、また、通塾開始時期も他校志望者よりもゆっくりとしているためか、受験に費やす金額もおのずと他よりも少なく、「50万円未満」が62%と過半数を占めています。 一方、最も金額が多い【最難関校&難関校】では、「300万円以上」が2割、「200〜300万円未満」が4割と、200万円以上が6割を超える高さとなっています。その次に多い【早慶付属校&私大付属校】も、【最難関校&難関校】までは達しないものの、200万円以上が53%とほぼ半数を占め、受験に対する経済的な面でも明らかな違いが見られました。不況の影響など、今後の傾向が気になるところです。<調査概要>◇調査目的 :2010年1〜2月に中学受験を経験したばかりの小学6年生の        子どもの母親に対し、中学受験の対策の内容やその費用、        塾選びのポイントや満足度などについて実態を探り、最新        傾向を得る。◇調査方法 :インターネットウェブ定量調査◇調査対象  :2010年1〜2月に中学受験を経験したばかりの子どもと同居        している母親◇割付    :首都圏1都3県300S、近畿圏2府2県177S 計477S◇調査期間 :2010年2月10日(水)〜2月14日(日)◇調査機関 :ヤフーバリューインサイト株式会社◇設問項目 :下記項目を調査        ・中学受験校、合格校、第一志望校        ・中学受験をした理由        ・受験対策の内容とその開始時期、メインに通っていた塾、         通塾頻度、受験対策の総費用        ・塾選択時の重視項目とメイン塾に対する満足度        ・高校進学についての考え方、将来の進路  など※プレスリリースPDFはこちらからダウンロードいただけます。http://www.yahoo-vi.co.jp/research/common/pdf/100316.pdf<Yahoo!リサーチ メールマガジン 「インサイト★ニュース」のご案内>最新自主調査データやサービスのご紹介、マーケティングリサーチ関連情報などをお届けします(月2回)。ご登録はこちらから:https://www.yahoo-vi.co.jp/inquiry/mailmagazine/index.php<関連リンク>「東洋経済オンライン」◇中学受験の準備はいつから?塾はどう選んだ? 中学受験させた親アンケート【特集・本当に強い!塾・予備校】http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/edd4181765d0aeb9dbaf8c693c041cb1/*『週刊東洋経済』2010年3月6日号の「特集・本当に強い!塾・予備校」の記事の一部がご覧いただけます。───────────────────────────────────◇ヤフーバリューインサイト株式会社について─────────────────────────────────── 「市場の生活者ニーズを捉え、マーケティング課題を解決し、企業の成長に貢献する価値を提供すること」、それが私たちの使命です。ヤフーバリューインサイト株式会社は、マーケティングリサーチのリーディングカンパニーとして、国内最大級かつ高品質な調査パネルを基盤に、インターネットリサーチから従来型手法まで、豊富なリサーチサービスを提供しています。 2008年7月より、ヤフー株式会社との「Yahoo!リサーチ」ブランド共同運営を開始し、Yahoo! JAPANを通じた調査パネルの充実、インターネットにおけるノウハウやインターネット利用動向の活用、そしてマーケティングテクノロジーの研究・開発を続け、これまでにないサービスや価値を提供してまいります。会社名    :ヤフーバリューインサイト株式会社        http://www.yahoo-vi.co.jp/所在地    :東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル1F        TEL: 03-3367-1967(代表) FAX:03-3367-1961新会社発足日 :2007年7月1日資本金    :7億円代表者    :代表取締役社長 田部 信(たなべ しん)事業内容   :・マーケティングリサーチ事業        ・データ解析事業        ・マーケティングコンサルティング事業所属団体   :・社団法人日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)        ・社団法人日本マーケティング協会(JMA)        ・ESOMAR(ヨーロッパ世論・市場調査協会)        ・日本行動計量学会        ・日本消費者行動研究学会(JACS)        ・日本マーケティング・サイエンス学会(JIMS)本件に関するお問い合わせ─────────────────────────────ヤフーバリューインサイト株式会社マーケティングコミュ二ケーション室 広報お問い合わせフォーム:https://www.yahoo-vi.co.jp/inquiry/form/index.phpTEL:03-3367-1959 FAX:03-3367-1969【引用・転載時のクレジット表記について】Yahoo!リサーチの調査結果引用の際は、必ずクレジット/調査概要を明記いただけますようお願いします。例)「 Yahoo!リサーチ調べ / 全国○〜○歳の男女○名、 2009年○月○日〜○月○日実施」─────────────────────────────

【セミナー】 食品産業における 『クレームゼロ化』 と 『コストダウン』 の進め方(4月16日・東京) 株式会社 JIPMソリューション

食品産業における「クレームゼロ化」と「コストダウン」(4月16日・JIPMソリューション) 写真一覧(3件)  日本能率協会グループでモノづくり人材の育成・改善支援を行う株式会社JIPMソリューション(略称:JIPM-S、本社:東京都港区、代表取締役社長:小寺強)は、「食品産業におけるクレームゼロ化とコストダウンの進め方セミナー」を2010年4月16日(金)に東京で開催します。http://jipms.jp/seminar/seminar_details.php?code=200004188 本セミナーでは、食の安全・安心と原価低減が両立する工場を実現するために、食品工場ならではの工程上の問題や課題を明確にしたうえで、改善活動に必要な知識と実践手順を習得します。また、実際の活動事例も紹介しますので、より具体的に理解することができます。 【主要テーマ】・自主保全活動で進める異物等の発生源対策・品質保全活動で進める不良の出ない条件設定・条件管理・個別改善活動で進めるロスを切り口とした生産性向上・原価低減・収益改善------------------------------セミナーの詳細は、以下のとおり------------------------------■セミナー名: 食品産業におけるクレームゼロ化とコストダウンの進め方セミナー■開催日時: 2010年4月16日(金) 10:00〜17:00 ■会  場: JIPMソリューション 研修室 (東京都港区)■講  師: 前原 隆博(株式会社JIPMソリューション TPM総研 TPMコンサルタント)■参加対象: 食品産業、関連産業(食品包装、食品用包装資材 等)の幹部、管理・監督者■プログラム:1.食品工場の課題および食品工場の特徴2.食品工場におけるTPM活動の考え方3.食品工場の自主保全7ステップ展開4.品質保全の取り組みによるクレームゼロ活動  ・品質阻害要因の撲滅方法  ・設備の徹底改善による不良低減  ・4M条件の設定と管理  ・品質保全の考え方と要因分析法 ほか5.コストダウンへの取り組み  ・コスト・ロス分析によるムダの顕在化  ・重点活動の体制づくり  ・日々改善とテーマ改善の進め方  ・生産活動におけるロス構造:生産の総合効率と、設備、人、原単位の効率化阻害要因 ほか6.企業事例紹介■参加料:47,250円/1名(税込) ※39,900円/1名(税込)※(社)日本プラントメンテナンス協会 正会員の割引料金です。・参加料には、テキスト(資料)代、昼食代が含まれています。■詳細・お申込みページhttp://jipms.jp/seminar/seminar_details.php?code=200004188【関連情報】・書籍 「食品べからず集」http://e-rescue.jipms.jp/asp/ItemFile/10000828.html通信教育 食品衛生「基礎のキソ」コースhttp://jipms.jp/education/02_024.html講師派遣研修(時間・プログラム内容等、カスタマイズ可)http://jipms.jp/onsiteseminar/index.html・月刊 『食品工場長』(日本食糧新聞社)2009年9月号から「工場を元気にする自主保全・現場改善のポイント」をテーマに連載しています。http://jipms.jp/column/article-content0109=============================◇会社概要国内外50カ国・のべ3,000以上の工場・事業所にコンサルティングを行なうTPMのリーディングカンパニー。他に、5S・なぜなぜ分析など現場に根ざした改善コンサルティングや、工場実態調査・診断などの評価事業、セミナー・通信教育などの人材教育事業を通じて、モノづくり企業の現場力向上と経営基盤確立に貢献しています。 ・社名:株式会社JIPMソリューション (略称:JIPM-S) ・代表取締役社長:小寺 強 ・住所:東京都港区高輪3-26-33 品川ビル8階 (〒108-8571) ・設立:2005年1月31日 (日本能率協会グループの法人として分社・独立) ・資本金:1億円 ・従業員数:79名 ・URL: http://jipms.jp ・事業内容:   1)経営コンサルティングサービスの提供   2)セミナーサービスの提供   3)図書(書籍、雑誌、高額資料)の出版・販売   4)通信教育の開発・販売   5)教育メディアの開発・販売【TPMについて】TPMは、モノづくり企業が持続的に利益を確保できる(儲ける)体質づくりをねらいとして、人材育成や職場改善を継続的に実施し続けるためのマネジメント手法です。トップから第一線従業員まで「全員参加の重複小集団活動」により、「災害ゼロ・不良ゼロ・故障ゼロ」などあらゆるロスを未然防止する仕組みを現場・現物で構築し、生産システム効率化の極限追求を図ります。1971年に提唱されて以来、国・業種を問わず数多くの企業が導入し、大きな成果をあげています。 http://jipms.jp/tpm (すぐわかるTPM入門)=============================【本件に関するお問い合わせ】株式会社JIPMソリューション カスタマーサービスセンターTEL:03-6409-0353 FAX:0120-097-580E-mail:center@jipms.jp============================= News2uリリース詳細へ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。